御朱印を頂こうと思い始めたのがつい最近でまだまだですが、少しずつ載せていこうと思います。市・郡でまとめています。


御朱印とは・・・

 

朱印は、神社や寺院において、主に参拝者向けに押印される印章、およびその印影である。

 

「記念スタンプ」とは違い、寺社の職員や僧侶、神職、氏子などが押印する。単に印を押すだけでなく、その下に墨書で寺社名や参拝日などが書かれ、その墨書も含めて「朱印」と呼ばれる。

 

近年では寺社名や本尊の墨書せず寺社名や本尊の入った印章(スタンプ)を押す、あらかじめ書置きした別紙、墨書を複写した別紙を、渡されるもしくは貼り付けられる寺社もある。

 

起源には諸説あるが、元々は寺社に写経を納めた際の受付印であったとする説が有力である。

 

そのため、朱印を「納経印」と呼ぶこともある。現在でも納経をしないと朱印がもらえない寺院が存在するが、多くの寺社では少額の金銭(初穂料・御布施)を納めることで朱印がもらえるようになっている。

 

金額は、2007年現在、多くの寺社で300円としているが、500円(烏森神社など)などそれ以上の額が提示されることもある。

また、「お気持ちをお納め下さい」として金額を明示しない場合もある。この場合、「志納」という。

 

また、服装に輪袈裟や白衣姿などでないと応じない寺院、事前に電話等での連絡が必要な寺社もある。

 

朱印は印に寺社名が入っていることから、寺社で授与されるお札などと同等とされ、粗末に扱うべきではないとされる。実際、朱印帳を普段は神棚や仏壇に上げているという人も少なくない。

 

<朱印(神社仏閣) - Wikipediaより抜粋>

 

 

マナー

 

・御朱印帳には名前を書いておく。

・御朱印代として小銭を用意しておく。

・御朱印は、参拝後に頂く。